バッファ液リニューアルのお知らせ

新型コロナウィルス COVID-19

抗体検査キット

新型コロナの抗体有無を調べる

抗原検査キット

新型コロナの陽性/陰性を調べる

簡単に10分で検査可能 医療機関の納入実績多数

当日発送

※平日12時までの決済完了で即日出荷
特徴
  • 唾液のみでも検査可能(痛いのが苦手な方でも)
  • 特別な検査機器は必要なく、15分で検査可能
  • 99%高精度(感度98.16% 特異度100% 精度99.08)
  • 世界120ヵ国で2億テストの販売実績
  • 感染1日目でも、陽性·陰性の検査が行えます
技術説明

弊社が抗原検査キットを導入する理由は、現在新型コロナウイルスの検査は主にPCR検査に依存し、検査機器、検査環境の基準及び試験者に対する要求は比較的高く、一般の病院内では検査を簡潔することが困難です。​そのため、迅速で正確な特異性測定方法を創立するのは疫病発生状況を制御することに対する重要な意義があり、抗原、抗体検査キットはウィルスのハイスループットのスクリーニングを実現できる可能性があります。

新型コロナウイルスは一本鎖RNAウイルスとして知られており,それ自体に遺伝物質のみが含まれている。​遺伝物質はウイルスの「魂」です。

​新型コロナウイルスは細胞に近づくと,自らの遺伝物質・細胞を利用して,一連のタンパク質を合成し,華やかな変身を遂げるため, RNAだけではなく,スパイク蛋白 (S) ,ヌクレオカプシド蛋白 (N),膜蛋白 (M) など,次の図のような構造となって, RNAを内部に包み込んでいきます。

​新型コロナウイルスの構造では, 2種類の蛋白が重要である。

​一つは「クラウン」と呼ばれる棘突起のタンパク (S) 。​Sタンパクは細胞表面の受容体であるACE 2を認識し,細胞内に侵入することができるため,Sタンパクが感染能力を決定します。​ノロウイルスSタンパク原子マップの解析では,受容体ACE 2との結合力がSARSの10−20倍強力であることを確認。

​もう一つのタンパク質はヌクレオカプシドタンパク質 (N) 。​N蛋白はコロナウイルスの中で最も豊富に含有されている蛋白であり、高度な保守性を有します。​ウイルスの集合過程において、Nタンパク質はウイルスRNAと結合して螺旋ヌクレオカプシドを形成。​しかもウイルスゲノムの複製と細胞シグナル通路の調節と関係があり、そのためN蛋白は冠状ウィルス診断検査ツールとされ、免疫学の快速診断試薬の基礎です。

​以上より,新しいクラウン·ウイルス·タンパク測定試薬の開発によって,精度の高い診断が可能になると期待できます。タケショウが参加したプロジェクトでは世界で初めて新型インフルエンザウイルスの重要な抗原標的のSタンパクの検出技術を開発し、その後すぐヒト咽頭スワブから唾液でウイルスを検出するための迅速抗原検査キットの開発を決定しました。​一連の技術的困難を経て、再び世界で初めてS蛋白とN蛋白測定試薬キット製品を開発いたしました。

​弊社の抗原検査キットは高親和力単抗から構成され、特異性がよく、感度が高く、大量生産を実現することができ、バッチ間の差が小さい。​実験室の検証により、臨床サンプルの検出率と正確度をさらに向上させ、PCR検出の偽陰性問題を解決することができます。

抗原検査キットは主に臨床サンプルの不活性化、ウイルス変性から引き起こす検出感度低下の鍵となる技術のボトルネックを突破することである。​まず不活性化してから検査し、普通の生物安全条件下で高速ハイスループット検査を実現し、臨床サンプル検査のボトルネックと痛点問題を解決します。

弊社の抗原検査キットは今回の疫病発生の前に、技術的な優位性を十分に発揮し、社会的責任をしっかりと果たし、迅速に新型ウイルス試薬の開発生産領域の世界のトップとなり、国内外の科学研究と生産の需要を満たします。​タケショウ全職員は引き続き時間と闘いながら、研究開発成果の実戦への応用を加速させ、「コロナ」 の早期勝利に力を貢献してまいります。

臨床試験データ
検査人数
抗原検査陽性者数
PCR検査陽性者数
感度(PCR符号率)
抗原検査陰性者数
PCR陰性者数
特異度(PCR符号率)
1,304,957
161,759
164,791
98.16%
1,143,198
1,140,166
99.73%
抗原検査と抗体検査の併用結果
一、抗原検査が陽性の場合、抗体検査が陰性または陽性の結果が出ます

① 抗原検査陽性、IgMとIgGは陰性
患者は2019-nCoV感染症にかかっている可能性がある“ウィンドウ期間”:“ウィンドウ期間”とは、ウイルスに感染してから末梢血中にウイルスに対する抗体が検出されるまでの期間のことで、通常は2週間です。この間、血液中のウイルス抗体は検出されず、IgMおよびIgGは陰性です。この時期は感染の初期にあり、ウイルスは絶えず複製し、核酸積載量は指数増加を呈し、抗原検査の下限に達し、抗原検査は陽性を呈します。抗原検査は血清抗体検査より優位性があり、検出ウィンドウ期間を短縮し、感染者を早期に発見できる。

② 抗原検査陽性、IgM陽性、IgG陰性
患者は2019-nCoV感染の初期にある可能性があり、機体免疫応答は最初に抗体IgMを産生し、しばらくIgG或いはIgG含量を産生しないことは診断試薬の検出下限に達しなかった。

③ 抗原検査陽性、IgM陰性、IgG陽性
患者は、2019-nCoV感染症の中で、後期または再発感染症の可能性がある。ウイルスがヒトに侵入した直後には、免疫系で最初に一時的にIgMが産生され、約1カ月後にピークとなり、時間の経過とともに侵入したウイルスはIgMに中和され、検出下限以下になるまでIgMは減少する。同時に、人体の免疫システムは持続性抗体IgGを産生し、感染中末期に、IgGは機体免疫の主力であり、濃度が高く、検出することができる。回復期にIgG抗体が急性期の4倍以上に増加した場合、再発性感染症と診断される。

④ 抗原検査陽性、IgM陽性、IgG陽性
患者は感染活動期にあるが、体は2019-nCovに対して免疫能を獲得している(持続性抗体IgG産生)。

二、抗原検査が陰性の場合、抗体検査が陰性または陽性の結果が出ます。

① 抗原検査陰性、IgM陽性、IgG陰性
IgM陽性は2019-nCoV感染症の急性期の可能性が非常に高く、抗原検査の結果を考慮すべきである。抗原検査が偽陰性となる原因および対応についての推奨事項は主に以下の通りである:検体の質が悪い:上気道の口・鼻咽頭スワブなどの検体を採取する際、鼻咽頭スワブを採取するウイルス抗原検査が推奨されるが、陽性率を高めるため、同一患者の多部位(口咽頭スワブ、鼻咽頭スワブ、鼻腔スワブなど)検体の採取とウイルス抗原検査の併用が推奨される。抗原検査の結果が陰性の場合は、今回の検査結果が陰性であると報告されるのみであり、2019-nCoV感染症を除外することはできず、繰り返し確認する必要がある。他疾患を有し、リウマトイド因子によりIgMが弱陽性または陽性となる症例が認められている。

② 抗原検査陰性、IgM陰性、IgG陽性
2019-nCoV感染の既往があるが、ウイルスから回復しているか、ウイルスが体内から排除されているか、免疫応答により産生されたIgGが長期間維持され、血液中に存在することが示唆される。

③ 抗原検査陰性、IgM弱陽性、IgG陰性
2019-nCoVの初回感染量は非常に低く早期であり、ウイルス量は抗原検査の下限より低く、機体は少量のIgM抗体を産生し、まだIgGを産生していないことを示した。あるいは患者自身のリウマトイド因子陽性などによるIgM偽陽性

④ 抗原検査陰性、IgM陽性、IgG陽性
患者は最近2019-nCoVに感染して回復期にあり、体内のウイルスは一掃されたが、IgMはまだ検査下限まで低下していない。抗原検査の結果が偽陰性の場合は、感染活動期である。  

特徴
  • 国内の1000を超える医療機関に80万キット納入の実績
  • 98%高精度(IgM感度94.29% IgM特異度98.06% IgG感度98.04% IgG特異度100%)
  • だれでも簡単に10分で検査可能
  • 世界各国で認証取得済
  • IgM+IgGの複合検査で、陰性・感染早期・中期・後期を発見できる
  • アメリカ、ヨーロッパ、カナダ、中国、東南アジア等世界各国で2億個の実績
技術説明

この新型コロナウイルス2019-nCoV IgM/IgG抗体検査キット(金コロイド法)は欧州連合のCE認証を取得、中国商務部の海外標準認証も得られ、医療物資生産企業リストにも登録されました。多数の臨床実験の結果、98%の高精度で抗体の有無を判定できます(IgM感度94.29% IgM特異度98.06% IgG感度98.04% IgG特異度100%)。

欧米を中心とした世界各国での販売も開始されています。人間が最初に新型コロナウイルスに感染すると、免疫系がウイルスを防御し、特異的な抗体が作られます。IgM抗体は通常3~7日目で生成され、数日後にIgG抗体が出現して上昇します。

IgM抗体の持続期間は比較的短く、主に急性感染期にみられますが、IgG抗体は一般に過去の感染を示唆し、IgG抗体価の上昇が進行性であれば最近に感染したことが考えられます。

このキットはIgM + IgGの複合検査により、早期、中期、後期の各期をカバーでき、抗体の有無を判定できます。

臨床試験データ
全体人数
抗体検査陽性者数
PCR検査陽性者数
感度(PCR符号率)
抗体検査陰性者数
PCR陰性者数
特異度(PCR符号率)
261,424
21,435
22,724
94.29%
234,069
238,700
98.04%
534,786
45,607
46,486
98.06%
488,300
488,300
100%
使用方法
※スポイトの使用任意です。血液が少ない時にスポイトを使用した場合、スポイトから血液が出ないことがございます。その場合は上記1の手順をなくし、2の手順の代わりに指の上に2.5㎜程度の球状の血液を用意し、指を直接検査キットの注入口にかざして血液を注入してください。
抗体検査キット説明書ダウンロード

① IgM(-)と IgG(-)は、患者がコロナウイルスに最近感染していないことを示唆するものであるが、5 日以内の感染を反映するものではないため、PCR 検査の結果および臨床症状と併せて確定する必要があり、職場復帰を希望する無症状の患者では職場復帰が可能であることを意味します。

② IgM(+)と IgG(-)は、最近の新型コロナウイルス感染初期を意味し、かつ新型コロナウイルス感染からの経過が短いため、2 週間程度以内の急性期に PCR 検査の結果を考慮する必要があることを意味します。PCR 検査の結果が陽性であれば、それに応じた隔離および治療が必要であり、たとえ PCR 検査の結果が陰性であっても、油断はできず、隔離が必要で、複数回の PCR 検査が推奨されています。

③ IgM(-)と IgG(+)は、新型コロナウイルスに感染しており、かつ急性期を過ぎていることを意味し、PCR 検査は通常陰性です。

④ IgM(+)と IgG(+)は、新型コロナウイルス感染中期と考えられ、感染期間が 2 週間を超えていることを示唆する。PCR 検査の結果と合わせて、このような場合には隔離が必要であると考えられ、治療の必要性は患者の臨床症状および PCR 検査の結果に依存、最近感染したか回復したかを判断します。

検査結果通知書サービスの紹介【無料】
  • 独自の検査結果通知書を無料で発行
  • 最短当日発行
  • 結果通知書をビジネスなどに活用
抗体/抗原検査キット検査結果通知書サービスへ
購入者の声
急遽実家に帰省することになり、その前に抗原検査キットを使用させていただきました。注文後すぐに商品が届いたので急用だったため大変助かりました。家族全員安心して過ごすことができました。また実家に帰るときは家族全員で利用したいと思います。
高齢者と接する機会が多いため、周囲への感染リスクを少しでも軽減できればと自身で購入し検査させていただきました。結果は陰性、本当に気持ちが楽になりました。
大勢の社員を抱えているため数千単位で抗体検査・抗原検査キットを発注をさせていただきましたが、翌日すぐに商品が届きました。使用した結果、実際に陽性反応が出た社員はPCR検査でも陽性となり、該当部署や濃厚接触者を自宅待機にするなど迅速に対処することができました。大変感謝しております。
接客業をしており、スタッフの健康管理やお客様への配慮として抗原検査キットと抗体検査キットを併用して使用しております。その様子をHPで紹介したところ、安心して来店できるとのお声を多数いただき、売上が大きく伸びました。今後も定期的に使用しますのでよろしくお願いします。
タケショウとは
製造工場
Shandong ThinkLab Biotechnology Co., Ltd.,
(上場企業·コード300244)
時価総額4000億円を超える会社で多くの臨床データを得たうえで本製品を開発いたしました。
取得済み認証
ヨーロッパのCE認証を取得済みです。
本商品はアメリカ、ヨーロッパ、カナダ、中国、東南アジア等世界各国で2億個の実績があります。
タケショウの紹介

タケショウのプロジェクトは「人々に平等に健康を分け与え」を使命とし、「サービス+製品」一体化のビジネスモデルを創造し、進化したチャンネル代行業務、診断アウトソーシングサービス、協力共同研究モデルの三つの段階を経て、「センター実験室、地域検査センター、共同研究実験室」3つの連動を実現し、第三者医学診断の全体解決方案を提供している。現在、タケショウの関連するプロジェクトは世界で39カ所の連鎖実験室に分かれ、18000カ所以上の医療機関、2億人を超える人にサービスを提供している。

複雑な製品技術と提供するサービスの範囲は、デジタルツールセットを利用し、業務の全プロセス自動化、知能化、オンライン化の管理を行い、同時に企業内のERP、LIMS、償還システムなどと内部一体化を実現させたプラットフォームを実現させている。システムデータの相互貫通により、効率的な内部管理と精確な外部開拓を促進し、それによって市場占有率を高め、企業業績の増加を促進する。

エンタープライズクラスの新しいCRMの開発者として、営業は顧客のニーズに応じ、自社の販売クラウド製品に基づいて、オフィス、業務アプリケーション、システム統合の3つの側面から、弊社のデジタル変革を支援し、企業規模の成長を実現します。

• 共同作業:CRMを使用した社内タスク管理、作業レポート管理、ナレッジベース管理など、社内コラボレーションの効率化。

• ビジネス・アプリケーション:病院、診療科、医師の構造化された管理を可能にする統合された顧客データ・プラットフォームの構築、ビジネスチャンス管理、契約管理、受注管理、紛失管理およびビジネス統計分析などの機能を通じて、販売行為を効果的に管理し、リアルタイムに販売プロセスを把握する。

• システム統合:CRMと、MDM、LIMS、意思決定システム、ERP、償還支払い請求システムなどのお客様の内部プラットフォームを完全に連携させて、データのサイロ化を解消し、よりインテリジェントな意思決定を可能にします。  

CRMシステムのオンライン化は始まりに過ぎず、それに伴う企業経営モデルやユーザーのビジネスモデルの変革にはさまざまな課題がつきまとう。販売促進と連携して、CRM導入プロジェクトを計画的かつ効率的に完了させることで、組織は顧客体験をデジタル化することができるようになり、企業規模の成長が可能になります。

よくある質問
Q. 注文したらいつ頃届きますか
A. 12時(正午)までに決済が完了したご注文は当日発送いたします。12時以降は翌日発送となります(土日祝、年末年始除く)
Q. 送料はいくらですか
A. 当社ガイド<配送について>よりご確認をお願いいたします。
http://ec.takesho.shop/html/info.html
Q. 保管期限はありますか
A. 未開封での保管期限はおよそ一年です。高温多湿、直射日光を避けて保管して下さい。